楽しいひととき子どもに手づくり編みもの

子どもが生まれて、何か手作りのものをと始めた編みものです。

私の母がとても上手で私が小さい頃は母の編んだ物をよく身につけていました。

自分が今度は我が子のために、母がどんな気持ちで編んでいてくれてたかを感じながら編む時間は何とも言えない暖かく安らぎの時間です。

最初はなかなか思うように編めず苦戦するも、子どもができてから何かに没頭することがめっきり減っていた私は、

その時間が楽しみになっていました。

子どもに身に着けさせたときの姿を頭に思い描きながら、

「よし、作るぞ!」

という気持ちで編み物に取り組む自分を客観的に改めて、何かを作ることがやっぱり好きなんだなと感じる今日この頃です。

また、子どものためだけじゃなく、主人のものも編んで楽しんでいます。

主人は出来栄えがそれなりであれば喜んでくれますし、実際に身に着けてくれます。

ですが、いまいちのできばえだと若干迷惑そうです。(笑)

そういった反応も楽しみでいいものを作ろうとやる気に繋がっています。

この冬は子どもにも主人にも帽子を編みました。

また友だちの出産祝いにもベビーニット帽を編み渡しました。

すごく楽しい編み物なのですが、一点残念なことは毛糸が結構高いということです。

材料費だけで既製品のほうが安いかもしれないという時もあります。

今は200円ショップで毛糸も買える時代ですが、やはりクオリティが落ちるのは否めません。

作ることにお金以上の価値があるわけですが、もう少しお手頃な価格になるといいのになといつも思います。

せめてできるのはセールの時に買い込むくらいですかね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です